野球の審判員の行動が波紋を呼んでいる!

目安時間:約 8分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロ野球で、最少年で完全試合を達成した

 

【令和の怪物】佐々木朗希投手に球審が

 

詰め寄り、波紋が広がっています

 

だが・・・

 

 

 

「いつの時代も、どんなスポーツも、

人が判定すればミスは必ず起こる」

 

 

 

 

もし正確な判定だけを求めるならば、

ハイテク機器で、人である審判を排除し

ゲームを行えばよいと思います。

 

 

 

 

でも、

「人間が行うプレーを人間がさばいていくから

ドラマが生まれる」とも思います。

 

 

 

佐々木朗希投手が投球したボールの判定に

苦笑いを浮かべた際

球審がマウンドの方へ詰め寄った・・・

 

 

 

 

球審が、イラっとしたのは明白ですが

何度か伏線があっての模様です

 

 

 

 

球界関係者やそれ以外からも、さまざまな

声が巻き起こりました

 

 

 

 

新庄監督

「あそこまでする必要は、あるのかなとは

思いましたね。」

 

 

 

 

ダルビッシュ投手

「選手も散々態度だすんだから、審判にも

態度出させてあげてください。」

 

 

 

 

「審判だけが悪く言われるのは、おかしい」

 

 

 

 

 

判定への違和感をあからさまに表に出した

佐々木にも原因の一端があるという

 

 

 

 

賛否両論は、飛び交うばかりです。

 

 

 

 

ですが、人が判定すればミスは起こって当たり前

これも野球の醍醐味だ!

なんて言ったら終わりなんでしょうが

 

 

 

 

ただ、単にジャッジのミスならば許されるんだが

個人的な思い入れによるジャッジだと困ります

 

 

 

 

 

それで思い出すのが、もう数十年前になりますが

私達の業界にも、競技大会というものがありまして

 

 

 

 

 

その頃は、大会参加者も多くて非常に

熱気に包まれ活気あふれるものでした

 

 

 

 

 

だが、この審査もとても公平なものでは

なかった!

 

 

 

 

それはもちろん僅差な得点差になった場合

なんですが、ある程度の上位になると

僅差は当たり前!なんです

 

 

 

 

そうなると、結局は審査員の中で、自ずと

日頃から発言力のある人の方向へなびく

 

 

 

 

審査員とは、全員が同業者の先輩方たち

その審査員のお店の従業員たちなどが

 

 

 

 

出場しているので、どの作品が誰のものか

一目瞭然なのだから(笑)

 

 

 

 

そりゃ~贔屓目しますよね(笑)

当時は、そんなことで腹も立ちましたが

 

 

 

 

よくよく考えるとバカげていると言うか、

時代遅れなお粗末な業界だということです。

 

 

 

 

ベースボール発祥の地・アメリカでは、

最初の審判は神父様が勤めたらしいです

 

 

 

 

神父様のジャッジが常に的確だったとは思えないが、

判定に左右されることなく、野球が楽しまれていたで

あろうことは、何となくわかります。

 

 

 

 

たぶん、判定に抗議するなんて、誰もいなかった。

 

 

 

 

 

日本のプロ野球界でも、こんな言葉があります

「選手と選手が気持ちでぶつかり合う」

 

 

 

 

 

渾身の力を込めて投げる気持ちの入ったボールが、

ベース上から少し外れているように見えても、

 

 

 

 

 

球審はストライクをコールすることがある!

 

 

 

 

 

これも野球の醍醐味だ。この気持ちの勝ち負けは、

どんな高価なハイテク機器でも見抜けない。

 

 

 

 

 

審判と言う“人”がさばいてこそ、成せる技なのだ。

 

 

 

 

まぁ、これはこれでどうなのか・・・?

わかりませんが

 

 

 

 

でも、人が評価や判断する審判改革は急務でしょう。
選手がゲームや競技に集中できないようであれば、

何も発展していきませんから。

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング


ブログランキング参加中!

記事が面白かった、参考になった
という方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 

 


理容室・床屋ランキング
 

にほんブログ村 美容ブログ 男のアンチエイジングへ
にほんブログ村

この記事に関連する記事一覧

comment closed

管理人プロフィール

 


管理人  zerokun
家業でもなかった理美容業界に

身を置いて、全く知識も技術も

ありませんでしたが、今でも

何とか営業させて頂いております。

未だに右往左往の人生ですが・・

 

管理人プロフィール詳細

 

Richlife
twitter
最近の投稿
カテゴリー
関連ページ
ブログランキング

ブログランキング参加中!

記事が面白かった、参考になった
という方はポチっとしていただけると嬉しいです。



ヘアケア・スタイルランキング

にほんブログ村 美容ブログ 男のアンチエイジングへ
にほんブログ村
 

アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ