睡眠サイクルを改善すれば、髪は生えてくる!

目安時間:約 6分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠には、さまざまな問題がありますが・・

 

髪の成長には、睡眠が本当に大切なポイントになります!!

 

 

仕事が忙しくて睡眠不足、ストレスでよく眠れない、ゲームをやり過ぎて

ついつい夜更かししてしまう・・

 

などの日常の生活では、よくありがちなことです。

 

ではいったい、どれくらい眠れていますか?

 

成人ならば、毎日平均6~7時間は睡眠をとりたいですね。

 

睡眠には、身体を休めるだけではなくて、日中に学んだことなどを脳に定着

させたり、整理する効果もあると言われています。

 

傷んだ細胞のメンテナンス作業する、大切な時間でもあるらしいのです!

 

 

その睡眠中に、活躍していてくれるのが・・成長ホルモン!

 

成長ホルモンは、身長を伸ばす、筋肉を作る、臓器などを若々しく保つ

などの組織の成長と修復をしていてくれる働きがあるんですが

 

髪の毛においては、成長期に太い毛が育つようにサポートしてくれているのです。

 

成長ホルモンは一日中分泌していますが、特に放出されるのが・・

 

眠り始めてから、およそ3時間の間です!

 

なので、この3時間の睡眠が最も大切なんです。

 

人は、深い眠りと浅い眠りを繰り返して目覚めていますが、

 

成長ホルモンの分泌のピークも、始めの深睡眠の3時間なのです!

 

だからこそ、育毛のためには、まずこの深睡眠の3時間を、

きちんと確保することが重要なのです。

 

だからといって、ただ3時間眠れば良いということではありません!

 

「全体の睡眠時間が短ければ、その分・・深睡眠に入るサイクルも少なくなり

 一晩の間に出る、成長ホルモンの総量も減少してしまうのです」

 

十分な睡眠がとれないと、疲れがとれない・体調がイマイチといった

影響だけでなく、薄毛などを加速する原因にもなりえるのです。

 

 

髪の成長に、最も欠かせない 4種類のホルモン!!

 

 

゜成長ホルモン

 

(髪の成長に欠かせないホルモン、皮膚や臓器も若々してくれ、髪も太くする

 また、頭皮の改善にも貢献してくれます。)

 

 

゜甲状腺ホルモン

 

(年齢に関係なく、代謝を支えてくれるホルモンです、その働きが弱まると

 薄毛になることで有名です。)

 

 

゜女性ホルモン

 

(代表的なホルモン、エストロゲンは髪にツヤやハリを与えてくれます

 プロゲステロンは、髪の成長期を延ばします。

 男性の体内にも、少量ですが存在するホルモン。)

 

゜メラトニン

 

(活性酸素の除去や細胞レベルのストレスを修復しながら、細胞を元気にして

 良い睡眠に導くことで、成長ホルモンを出しやすくしてくれます。)

 

 

当然ですが、これらのホルモンをどれか一つを高めるんじゃなくて

 

全体で底上げしていくことが大切です!

 

それと、成長ホルモンやメラトニンの原料は、アミノ酸なんです!

 

つまり、タンパク質です・・ということは食事でもしっかりと

 

タンパク質を摂取する必要があるということですね

 

バランスの良い食事!良質な睡眠!適度な運動!

 

これらが上手く嚙み合ってこそ、髪の成長に欠かせない成長ホルモンの

 

放出を高めることが出来て・・

 

これが、薄毛のリスクを回避することに繋がるのだと思います。

 

なので・・睡眠が育毛にとっての重要なポイントなんですよ!!

 

とにかく、たくさん眠りましょう・・

 

ブログランキング


ブログランキング参加中!

記事が面白かった、参考になった
という方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 

 


理容室・床屋ランキング
 

にほんブログ村 美容ブログ 男のアンチエイジングへ
にほんブログ村

この記事に関連する記事一覧

comment closed

管理人プロフィール

 


管理人  zerokun
家業でもなかった理美容業界に

身を置いて、全く知識も技術も

ありませんでしたが、今でも

何とか営業させて頂いております。

未だに右往左往の人生ですが・・

 

管理人プロフィール詳細

 

Richlife
twitter
最近の投稿
カテゴリー
関連ページ
ブログランキング

ブログランキング参加中!

記事が面白かった、参考になった
という方はポチっとしていただけると嬉しいです。



ヘアケア・スタイルランキング

にほんブログ村 美容ブログ 男のアンチエイジングへ
にほんブログ村
 

アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ